引っ越し見積もり料金の仕組み

見積りで出る料金とは、引っ越しにかかる作業員の数×時間+距離とそのほかのオプション。となります。

 

つまり、近距離ですぐに終わり、オプションが無いというのが最も安価な料金になると言うことです。
ただし、3月や4月は繁忙期ですので全てに3割増しほどされる可能性があります。
参考:3月の引っ越し料金相場は?

 

単身での引っ越しだと荷物を少なくしやすいので、小さめのトラックで済ませるためにも要らないものをどんどん処分していくのがお勧めです。
特に大きい家具はトラックのスペースを使うだけではなく作業の手間になるので、出来れば売るなどして処分するようにしましょう。
引越し見積もり値引きの交渉術を身につけると強いです。また、太い高速が近くて運びやすいなどと言う場合だと安くなる傾向があるという噂も聞きます。

 

引っ越しを安価に済ませたいのはその通りですが、決まった時間に来てくれないとか、荷物を乱雑に扱うなど、業者の評判も確認するのがベストかと思います。

 

安さだけを重視して適当な業者に任せてしまうと、荷物に傷が付いたり破損してしまっては酷い痛手になってしまいますよ。

 

 

やはり、単身での引っ越しなら単身向けのパックを使うのが一番良い選択かもしれません。

 

普通タイプだと5万円以上かかるところを、単身向けのパックならおよそ1万円ほどで済ませることが出来ますので、引っ越し後の新生活の資金にも余裕が生まれます。

 

現在、引っ越し業者の単身向けのサービスと言うのはたくさんの所が出しており、種類も様々あります。

 

一人暮らし、単身者は荷物がさほど多くないため低コストで参入きるからだと思われます。

 

 

引っ越し料金を安価に抑えたいと言う人で、業者の選び方に困っているときは、

 

・複数の業者から見積もりを取って値段について交渉をする

 

・荷物を減らす

 

・引っ越し日を平日にする

 

というようなことを行ってみてください。

 

単身の場合でも複数の業者から見積もりを取ることが出来ます。

 

複数の業者から得た見積もりの額を見ながら、交渉をするとさらに下がることがあります。

 

交渉と言っても、「○○さんだとXX円の見積もりだったのですが・・・」と言うだけでその業者はかなり揺さぶられます。

 

 

最近では一括でいくつかの引っ越し業者に見積もりを依頼できるサイトもあるので、そのようなサイトを活用すると簡単に比較できますよ。

 

比較する業者は多くても5社程度に収めるのが良いかと思います。

 

いくつもの一括比較サイトをいっぺんに使ってやみくもに見積もりをとっても、目を通すだけで時間を取られてしまい、処理するのが大変になりますので、見積もりを取るのは3社から5社程度にしておきましょう

 

その中から安いところを選び交渉をしてみると、ほぼ最安値で引っ越しが出来るかと思いますよ。